となりのCE室

あなたは医療関係者ですか?

センスがなくても大丈夫!まずは抑えたいシャント穿刺の基本【心構え編】

f:id:momograndpa:20180617145954j:image

臨床工学技士になって早8年…穿刺が大嫌いな@momograndpaです。

毎回毎回苦痛です。でも、配属された先が透析センターだから、穿刺やらないわけにはいかんのです。新人の頃は毎回毎回失敗して、患者さんにひたすら謝る日々…

センスがないことは自覚していたので、じゃあセンスがない中でどうやったら成功率が上がるのかを考えていました。今ではシャントを作ったばかりや穿刺が難しい患者さんも、成功率を落とすことなく、穿刺できるようになりました。

これから穿刺の基本や難しい患者さんに対するアプローチなど、過去の自分に対するアドバイスのような記事を作っていくので、透析の穿刺に悩んでいる臨床工学技士や看護師さんの助けになればと思います。

今回は【心構え編】です。

 

まずは“あいさつ”から

そこからかよー!って思う方。

ぼくもそう思いますが、「よろしくお願いします」のあいさつもしてくれない人を信頼して、針刺させますかって話です。

これから針を刺す=苦痛を伴う行為を行う上で、信頼関係は重要です。

例えば自分が虫歯の治療をするときのことを思い出してください。歯科医師の方や歯科衛生士さんが、何もいわずおざなりなあいさつで「治療しますよー」と言って、いきなり痛みを伴う治療をさせられたりしたら、誰でも嫌ですよね。

透析の患者さんは、これから何回も穿刺をするかもしれない相手です。不信感を抱いたまま穿刺されることほど、苦痛なことはないし、多分穿刺の成功率も下がります。

信頼してくれた患者さんから言われて嬉しかったのは、「俺の腕で練習しろ」「失敗しても@momograndpaならいいよ」と言われたことです。そこまで信頼してくれていたら、お互い嬉しいですよね。

まずは気持ちの良いあいさつから。

基本は大事にしましょう。

 

失敗は仕方ない。でも謝罪と反省と振り返りは忘れない

誰でも失敗することはあります。失敗しない人はいなし、むしろ失敗して上手くなるんです。

でも、失敗したことを「あなたの血管が悪いから」と言って責任転嫁するのは絶対にやめましょう。素直に「すいません」「申し訳ないです」と謝りましょう。

自分のスキル不足なんです失敗は。

そして、失敗をどうするかがその人の価値なんです。

必ず振り返りをしましょう。なぜ失敗したのか、なにが原因なのか、どこから穿刺すればよかったのか、角度か…反省点はいくらでも出てきます。

修正してもらったら、なぜ外れていたのか修正してくれた人に聞いたり、穿刺を見てもらっていたら、何がいけなかったのかを先輩やベテランの方に聞くようにしましょう。

それだけで失敗したとしても、うまくなっています。

 

患者さんは1年で300回以上穿刺しないといけない

1年52週×週3回×脱血側返血側2本=312回の穿刺…

1年間で300回以上穿刺されなければならないので、穿刺する医療者としては、その痛みに共感し、痛みが少なく成功する方法を努力していきましょう。

患者さんとのコミュニケーションと失敗に対する対処、まずは穿刺する前にこの2つを心がけてみましょう。

それだけで、成功率は変わってきます!

なぜ今ブログなのか〜存在=実績×発信能力の公式

臨床工学技士の@momograndpaです。

最近ブログをはじめることがSNS界隈で進められています。

 

医療職の間でも、同じようにブログをはじめる方が増えています。看護師さんや理学療法士さんのブログも最近非常に盛り上がりを見せています。

 

なぜ今ブログなのでしょうか。

それは、「存在意義=実績×発信能力」という公式にあります。

 

実績とは、「自分が行なっていること」ですよね。それが0だとすれば、存在意義も0になってしまいます。

では、発信能力とは何でしょうか。

 

先日、日本臨床工学技士会に参加してきました。

たくさんの演題があって、みんな情報発信をしていました。学会発表は不特定多数への情報発信だと思います。

学会中様々な人に、縁あってご挨拶させていただきました。こうやって挨拶周りをする力、ロビー活動をする政治力も情報発信です。

日本臨床工学技士会史上はじめて、厚生労働大臣が講演にみえました。国に働きかける力、それも大きなの情報発信の仕方だと思います。

いろんな情報発信があって、自分の存在意義を高めるためにみんな頑張ってるとひしひしと感じました。

でもこれが一切なかったら、ぼくはみんなのやっていることをひとつも知りません。存在していることすらわからない。

 

結局、発信能力がないと、どれだけ素晴らしい実績を残していても、外から見たら、やってないことと一緒。

「目の前の患者さんのためにやっている、だから発信しなくてもいい」というのはあくまで自己満足で、目の前の患者さんのためにやっていることが、まだ見ぬもしくは一生会わないであろう人々を救う可能性を失わせているんです。自分の存在意義(患者さんを救うこと)を最小化している。

 

インターネットによりブログやSNSが生まれ、「不特定多数に向けたコミュニケーション」が簡単にとれるようになりました。ネットの発信能力は無限です。

 

なぜ今ブログなのか。

それは情報発信をして、自分の存在意義を高めるため。

すこしでも、皆さんにとってぼくの存在意義が生まれれば嬉しい限りです。

このブログと@momograndpaについて

はじめての方は、はじめまして。

ご存知の方は、よろしくお願いいたします。

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

このブログを書いているのは、地方都市の総合病院で、臨床工学技士として勤務している@momograndpaです。

本ブログのテーマは以下についてご覧ください。

 

このブログについて

このブログのテーマは、医療機器や技術に関する情報提供です。

医療職として働く皆さんに、すこしでもわかりやすく医療機器や技術について情報提供をし、日々の業務のお役に立てればと思います。

(随時更新)

注意事項

このブログで記載されることは、@momograndpaの私見です。所属する病院、学会等と何ら関係はございません。

また、わたしたち臨床工学技士をはじめとする医療職は、医師の指示の下、医療行為をすることが許されています。実際にこのブログで提供した情報をお役立ていただくことは、本当に嬉しいことですが、ご所属の医師の指示を絶対に優先させてください。

これを越えた場合での損害等の責任を負うことはできません。