となりのCE室

あなたは医療関係者ですか?

なぜ今ブログなのか〜存在=実績×発信能力の公式

臨床工学技士の@momograndpaです。

最近ブログをはじめることがSNS界隈で進められています。

 

医療職の間でも、同じようにブログをはじめる方が増えています。看護師さんや理学療法士さんのブログも最近非常に盛り上がりを見せています。

 

なぜ今ブログなのでしょうか。

それは、「存在意義=実績×発信能力」という公式にあります。

 

実績とは、「自分が行なっていること」ですよね。それが0だとすれば、存在意義も0になってしまいます。

では、発信能力とは何でしょうか。

 

先日、日本臨床工学技士会に参加してきました。

たくさんの演題があって、みんな情報発信をしていました。学会発表は不特定多数への情報発信だと思います。

学会中様々な人に、縁あってご挨拶させていただきました。こうやって挨拶周りをする力、ロビー活動をする政治力も情報発信です。

日本臨床工学技士会史上はじめて、厚生労働大臣が講演にみえました。国に働きかける力、それも大きなの情報発信の仕方だと思います。

いろんな情報発信があって、自分の存在意義を高めるためにみんな頑張ってるとひしひしと感じました。

でもこれが一切なかったら、ぼくはみんなのやっていることをひとつも知りません。存在していることすらわからない。

 

結局、発信能力がないと、どれだけ素晴らしい実績を残していても、外から見たら、やってないことと一緒。

「目の前の患者さんのためにやっている、だから発信しなくてもいい」というのはあくまで自己満足で、目の前の患者さんのためにやっていることが、まだ見ぬもしくは一生会わないであろう人々を救う可能性を失わせているんです。自分の存在意義(患者さんを救うこと)を最小化している。

 

インターネットによりブログやSNSが生まれ、「不特定多数に向けたコミュニケーション」が簡単にとれるようになりました。ネットの発信能力は無限です。

 

なぜ今ブログなのか。

それは情報発信をして、自分の存在意義を高めるため。

すこしでも、皆さんにとってぼくの存在意義が生まれれば嬉しい限りです。